ひまつぶし。

不定期に感想中心に、だらだらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく

1年が終わりましたっ!…3月に成績発表・進級者発表があるんだけどね。
とりあえずまぁ、進級はできてる。成績は知らん。
1年時次目標は進級することだったんで、まぁ、いいか…な?良い成績にこしたことはないんだけど。
来年は、良い成績を目指して!頑張って奨励金もらっちゃうぞ☆

…ぐらいになれたらいいよねー。

春休みはゆっくりと…といいながら、
休みに入り一週間もせずに暇で時間をもてあましております。
毎日もう…テレビ見ながら寝てる気がする。時間めっさ無駄遣いだよなー。

とりあえず、バイト探してるんだけど。
飲食関係で探してるんだけど、なかなかないんだよねぇ…地元の駅とかだったら特に。
ぼちぼちと、やねぇ。

以下続きからは読書感想文。
自分が何読んだか把握するために書いてるようなもんだな。

アルジャーノンに花束を / ダニエル・キイス

過去にはドラマ化もしたやつですね。いまさら読みました。
主人公目線で描かれているため、ドラマよりも成長と退化がとてもわかりやすい。
最初は文章すらめちゃくちゃなのに、それが直っていき、ちゃんとした文章になり、そして…ていう。

頭が良いことは幸せなんでしょか、といえるのは、自分がそういったことがなにもないからやね。
話として面白く、考えさせられることも多く(自分がそういった医療系だからかも)良い作品だと思う。
一度は読むべき、といったやつによく名があがるだけはあった。

タッチ / ダニエル・キイス

上記と同じ作者。
話は同じく医学系ではありますが、こちらは不妊症の夫婦がやっと妊娠したと思いきや、夫婦に放射能汚染が発覚した、という。

女は強し、という感じがしましたw
プライドが崩れていく男と、守るべきものができて強くなっていう女という

…いやそういう話じゃないんだけども。
子供の存在って、やっぱ変わるんかねぇ。

放射能に対して敏感すぎる気がするんだが、こういうものなんだろうか。今の時代を生きている自分とは、いまいちそこがよくわからん…。
病院にすら拒まれる、っていうのはいくらなんでも、ひどいよなぁ。

読むのに結構な時間がかかった。
面白くないわけじゃないんだけど…ううん。

死神を葬れ / J・バゼル

デビュー作なのかな?元マフィアの研修医の話。
上と違って、凄く適当な医療すな。本当か嘘かはわからんし。

最初は微妙かなー、と思ったんだけど、後半はなかなか。
過去と現在が交互に語られ、噛み合ってきたあたりから面白かったかな。
それまでは普通、という感じだったのだけど。

作中で何度か「プッシー」という言葉が出てくるんですけど、最初意味がわからんかったw途中で察しがついたけども。
なんだろ、pushの言い回しから来たのかな?

そういった下品(というのか、ブラックジョークというのか)なかなか良かったです。
作中にいろんな言葉に対して脚注がついてたり、そういった部分では読みやすかったかな。


これと上2つと、海外文庫に手を出したのは初めてだったり。
これからはちょこちょこと読みたいかなー。

ゴールデンスランバー / 伊坂幸太郎

映画化もされた作品。
首相殺害の濡れ衣を着せられた主人公がひたすら逃げる、という話。

ううむ…この人の売りって、何よりもテンポの良さ・読みやすさだと思っていたのだけ、ど。読みにくい、ということはないんだけど、読むのに結構時間がかかった。いつもさくさくと読めるんだけども。なんでかな。

んでも、死神を~と同じく、4部の途中からあたりは普通に面白かったよ。
一見関係ないようなことでも、絡んでくるのがさすがというところ。
花火屋の息子とか、切り裂き魔とか…正直忘れてたよw

長いのですが、気にならないなら普通に読めると思う。
そこまで面白い!とは思わなかった…て、後半からは先の展開にわくわくしてたんだけどw


まったく関係ないのだけど、伊坂さんの本を読むとき、イメージがあだち充の絵で思い浮かんでくる。
なんででしょね。


今は森博嗣の「少し変わった子あります」読んどります。
タイトルで興味を持ってしまった。どうなんでしょうね、これ。
スポンサーサイト

≪ 3月3日といえばホーム書くとこないので ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

しらかぜ

Author:しらかぜ
不定期にだらだらと。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。